妊娠と不妊のメカニズム

妊娠するための治療法〜一般不妊治療〜

1514 views

タイミング法

排卵日を推測してセックスをすることで、妊娠の可能性を高めるのが「タイミング法」。

自分で基礎体温や市販検査薬をつかってタイミングをとることもできますが、病院では基礎体温だけでなく超音波検査、ホルモン検査(尿・血液)なども合わせて排卵日を推測するので、より正確にタイミングがとれます。

タイミング法と同時に、排卵誘発剤を使ったり、排卵を促す注射をして、より受精の確率を高める場合もあります。
また、排卵予測日の後に、ちゃんと排卵されているかを超音波で確認することも。

排卵誘発

排卵がうまくいっていないと診断された場合は、排卵誘発剤を使って、排卵を起こします。体外受精や顕微授精のために卵子をたくさん採卵しておきたいときにも、排卵誘発をします。
飲み薬と、注射があり、その人の症状に合わせて使い分けます。

ホルモン剤による治療

子宮内膜を厚くして頚管粘液を分泌させる「卵胞ホルモン」や、子宮内膜を整えて妊娠を維持する働きのある「黄体ホルモン」がうまく働いていないときは、それぞれのホルモンを補充して治療します。飲み薬と注射があります。

プロラクチンというホルモンのせいで排卵が止まってしまう「高プロラクチン血症」と診断された場合も、飲み薬による治療をする場合があります。

人工授精

精子が子宮に確実に到達できるように、あらかじめ採取した精液を人工的に子宮に流し込む方法。
超音波で卵胞の成長を確認し、排卵を促すhCG注射を打った翌々日に精液を注入します。妊娠の確率を高めるために排卵誘発剤を使用する場合も。

射精の場合、精子は膣から頸管、子宮へと泳いでいきますが、人工授精では一足飛びに子宮に到達。途中をショートカットするので、卵子と出会う近道となるわけです。
夫の精子数が少ない場合や、タイミング法を繰り返しているのに妊娠しない場合に行います。

人工授精の費用は保険適用外で、だいたい1回5,000〜3万円ほどが相場。比較的簡単にできる治療ですが、妊娠率はだいたい10%前後。年齢にもよりますが、5〜6回行っても妊娠しない場合は、治療のステップアップを考える時期といえます。

【参考】
ママニティ大百科
・「不妊」ってどういうこと?/監修:はるねクリニック銀座院長 中村はるね先生
・不妊治療のはなし 不妊の検査/監修:IVFなんばクリニック理事長 森本義晴先生

公開日:2016/01/01