妊娠と不妊のメカニズム

妊娠するための治療法〜顕微授精〜

1231 views

顕微授精

卵子の中に1個の精子を注入して受精させ、それを子宮に戻す方法。
体外受精で受精できなかった場合や、数や運動率など精子に問題がある場合に行います。顕微授精のスケジュールは体外受精とほぼ同じです。

1.排卵誘発剤を注射して卵巣を刺激し、たくさんの卵胞を育てます。この間は排卵を止める薬を使用。

2.全身麻酔や硬膜外麻酔、または膣に局所麻酔をかけ、女性の卵子を採卵。超音波で確認しながら、膣から卵巣にむかって採卵針を刺し、卵子を吸い取ります。卵子は数時間培養して成熟させます。

3.採卵の同日に、男性がマスターベーションして、精液を採取。

4.顕微鏡で見ながら、ガラス管で精子を一匹だけ吸い取ります。次に、精子が入ったガラス管を卵子に刺して、卵子の中に注入します。受精卵を3日ほど培養して、細胞分裂した「胚(はい)」に育てます。

5.胚移植。超音波で確認しながら、細いカテーテルを膣から子宮にいれて、受精卵(胚)を子宮内膜の上に戻します。

6.飲み薬や注射で「黄体ホルモン」をおぎない、妊娠を継続させます。

7.胚移植から14日ほどで、妊娠判定。
採卵から胚移植までは3日が目安ですが、最近は5日目まで受精卵を培養して、「胚盤胞(はいばんほう)」という状態まで育ててから子宮に戻す「胚盤胞移植(はいばんほういしょく)」も増えています。
また、受精卵がたくさんできた場合には、凍結して保存し、別の周期でまた子宮に戻すことができます。

保険適用外なので治療費は約30万円以上。年齢にもよりますが、妊娠率は30%前後です。年齢が若いほど妊娠しやすく、回を重ねるほど妊娠の確率は低くなります。

【参考】
ママニティ大百科
・「不妊」ってどういうこと?/監修:はるねクリニック銀座院長 中村はるね先生
・不妊治療のはなし 不妊の検査/監修:IVFなんばクリニック理事長 森本義晴先生

公開日:2016/01/01