芸能人コラム

ダイアモンド☆ユカイさん

【第1回】タネナシから3人の父親になった俺

2821 views

2009年から俺の身に起こったことは、まさにサプライズの連続だった。モテまくって、イケてるオンナたちをさんざん泣かせてきた俺が、フツーの女と結婚。そして待ち受けていたのは思いもよらない“タネナシ宣告”。それから始まった不妊治療のつらい日々――。ようやく3度目の体外受精(顕微授精)で子どもを授かれたんだ!

生まれるのは絶対男の子だって確信してた。俺の愛してやまないジョン・レノンとオノ・ヨーコの間に出来た子どもも男の子。同じように才能ある俺の子どもは男に決まってる!だから生まれる息子と一緒にキャッチボールをするつもりでいたんだ。

いよいよっていうとき、俺は分娩室の外で祈りながら待っていた。すると「ゥオーッンギャァー!!」ってもの凄く太いシャウトする泣き声が響いてきた。間違いなく俺の子が生まれたって分かったよ(笑)。喉を絞める発声法が、生まれたその瞬間から出来ていた。立派な男の子だろうなぁと思っていたわけ。

ところが、対面したら女の子!またもやサプライズ。女の子の育児なんて全く想定外だったから、その日から戸惑いの日々の始まりだよ。俺が過去女性にしてきた色んなコトを思い返して、「絶対俺みたいな男にひっかかるなよ!」と何度も案じた。俺はニーチェって呼んでるんだけど、新菜(ニーナ)の将来を考えると心配で心配で。もう、いてもたってもいられなくなるんだ。女の扱いに慣れているはずの俺も、オムツ交換にはおっかなびっくりだしさ。

タネナシに子どもが出来たってだけでもオドロキだけど、続いて出来たのが双子のボーイズ!おいおい、俺のサプライズはどこまで続くんだ!?

頼音(ライオン)と匠音(ショーン)は、俺のワイルド版とソフト版という感じ。二卵性だから顔も全く違うんだ。ライオンは髪の毛が真っ黒でジャイアンみたいな顔をしていて、生まれたときから純日本的。一方ショーンは色素も薄いし、斜に構えたような感じ。なんかこう、フランス人みたいで、初めて会ったときから「ボンジュ〜ル」という雰囲気が出ていたなぁ(笑)。

こんな俺のサプライズ人生、サプライズ育児の連載開始!たまにはいいことも言うから、付き合ってくれよな。

%%tagname%%さん

Profile

ダイアモンド☆ユカイ■1962年3月12日、東京都生まれ。1986年、伝説のロックバンド「RED WARRIORS」のボーカルとしてメジャーデビュー。1989年解散後、ソロとして音楽活動をベースにタレントとしても活躍中。 2010年はデビュー25周年を迎えたと同時に、私生活では47歳にして初めてパパに!2011年には双子も誕生し、日々子育てに奮闘中。無精子症であることをカミングアウトしており、不妊治療を経て子どもを授かるまでの奇跡を綴った「タネナシ。」(講談社)は好評発売中! ★ダイアモンド☆ユカイオフィシャル「ユカイなサムシング」http://ameblo.jp/diamondyukai/ ★ツイッター アカウント「diamondyukai」