緊急避妊法(モーニングアフターピル)

セックス後にできる唯一の避妊法。翌朝の服用で間に合うから「モーニングアフターピル」。

避妊のしくみ

セックス後72時間以内にホルモン剤を服用することで、受精卵が子宮に着床できないようにして避妊する。「コンドームがはずれて避妊に失敗してしまった」「レイプの被害にあった」など、あくまで“緊急時のための最後の避妊法”。

避妊成功率

従来の薬剤(中用量ピル)は、妊娠の危険性を75%減少。2011年に承認された「ノルレボ錠R」は、80%の確率で妊娠を阻止できる。

メリット

  • 避妊効果が高い
  • セックス後にできる、唯一の避妊法

デメリット

  • 頭痛、吐き気などの副作用が、低用量ピルと比較して、大きい
  • 病院に行く必要がある

コスト

数千円~1万円ほど。(初診料が別途かかります)

使用方法

産婦人科で事情を話して診察を受け、ホルモン剤を処方してもらう。性交から72時間以内にまず2錠服用し、その12時間後に2錠服用する。

また「ノルレボ錠R」の場合は、性交後72時間以内に2錠を、医師の目の前で服用することになっている。

(2011年10月から掲載)

「ママのための避妊法カタログ」の記事一覧

  1. 基礎体温法
  2. 男性用コンドーム
  3. 経口避妊薬(低用量ピル)
  4. IUD(子宮内避妊器具)
  5. 女性用コンドーム
  6. 腟内避妊薬(殺精子剤)
  7. ペッサリー
  8. 不妊手術

関連する記事

  1. 帝王切開が基本、条件がよければ経膣分娩も
  2. トラブル対処法:静脈瘤

分からないことを先輩ママに相談しよう

おしえて!ママニティ Q&A

おしえてママ二ティは、ママニティ内のQ&Aコミュニティ!
悩みを相談したら先輩ママ達が答えてくれるかも?

相談してみる

『おしえて!ママニティ』にアクセスします