ロタウイルスワクチン(5価)/任意接種

商品名

ロタテック

予防する病気

ロタウイルスによる胃腸炎

例年冬に流行する乳幼児のロタウイルス胃腸炎(白色便性下痢症、仮性小児コレラ)を予防。ほとんどの子どもが一度は経験する病気だが、感染者の10%は脱水やけいれんを起こして入院する。ごくまれに、脳炎、髄膜炎、ギラン・バレー症候群(手足のしびれ)などを合併して、死亡したり後遺症が残ることも。人間に感染するロタウイルスは5種類ある。

このワクチンは、遺伝子組み換えの技術によって開発された、5種類のウィルス型に対するワクチン。国内臨床試験では、ロタウイルス胃腸炎を74.5%、重度のロタウイルス胃腸炎は100%予防する効果が認められている。

ワクチンの種類

生ワクチン

接種方法

経口接種

理想の接種期間

生後6週から、4週以上の間隔をあけて3回接種。初回接種は8週~15週未満を推奨。

対象年齢

生後6週~生後32週

一般的な副反応

  • 下痢(5.5%)、嘔吐(4.2%)、胃腸炎(3.4%)、発熱(1.3%)

重大な副反応

このワクチンが開発される前に使用されていた旧ワクチンでは、腸重積の発症が増えた。現在のワクチンではこのような副反応は報告されていないが、念のため注意する。

注意

  • 接種後約10日間、ウイルスが便から排出されるので、おむつ替えのあとは手を洗うこと。
  • 悪性腫瘍や免疫障害のある人、免疫抑制剤を使用している人が周囲にいる場合は、注意が必要。
  • 接種後、腹痛や嘔吐、血便、腹部の膨らみ、高熱などの症状がみられるときは、腸重積症を疑ってすぐに受診する。
  • ロタウイルスワクチン接種後に他のワクチンを接種する場合は、4週以上の間隔をあける。
  • 三種混合ワクチン、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン等との同時接種が推奨されている。

ワクチンの製造メーカー

MSD社

(2012年9月から掲載)

「ワクチン&予防接種ガイド」の記事一覧

  1. 重い感染症や後遺症から子どもを守る「予防接種」
  2. 予防接種を行う3つの理由
  3. 生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドのちがい
  4. 定期接種と任意接種のちがい
  5. 予防接種を受けないとどうなる?
  6. こんなときは接種前に医師に相談を
  7. 接種を中止する3つのケース
  8. 接種前後に気をつけたいポイント
  9. 代表的な副反応とその対処法
  10. 副反応の補償制度ってどんなもの?
  11. 「同時接種」の安全性は?
  12. 小児科学会推奨!接種スケジュール
  13. ヒブワクチン(Hib)/定期接種
  14. 小児用肺炎球菌ワクチン(PCV13)/定期接種
  15. BCGワクチン/定期接種
  16. [旧]三種混合ワクチン(DPT)/定期接種
  17. [新]四種混合ワクチン(DPT-IPV)/定期接種
  18. [旧]不活化ポリオワクチン(IPV)/定期接種
  19. 麻疹・風疹混合ワクチン(MR)/定期接種
  20. 日本脳炎ワクチン/定期接種
  21. ロタウイルスワクチン(1価)/任意接種
  22. B型肝炎ワクチン/任意接種
  23. 水痘ワクチン/任意接種
  24. おたふくかぜワクチン/任意接種
  25. インフルエンザワクチン/任意接種

関連する記事

  1. インフルエンザQ&A
  2. インフルエンザのワクチン情報

分からないことを先輩ママに相談しよう

おしえて!ママニティ Q&A

おしえてママ二ティは、ママニティ内のQ&Aコミュニティ!
悩みを相談したら先輩ママ達が答えてくれるかも?

相談してみる

『おしえて!ママニティ』にアクセスします