野外編:電車・バス

車内でベビーカー、どうする?安全な乗り方を伝授。

こんな事故が発生!

ねんね・寝返りの頃

  • ベビーカーで電車から降りる時、ホームと電車の隙間と段差があったため、バランスを崩して子どもが転落しそうになった。

おすわり・はいはいの頃

  • バスの中で子どもをベビーカーに乗せていたら、急ブレーキでベビーカーが飛んでいってしまった。

たっち・あんよの頃

  • バスで二人掛けシートに子どもを座らせていたら、急ブレーキで前に転げ落ちてしまった。

これでバッチリ!安全対策

駆け込み乗車は絶対にしない

電車やバスは、子ども連れで駆け込み乗車をするのは絶対にやめて。

「子どもがいたら、スムーズに進まないのが当たり前」と考えて、外出するときはアクシデントがあってもあわてなくてすむよう、時間に余裕を持って出かけましょう。乗り降りの際は、電車とホームの間に落ちたり、バスのステップを踏み外したりしないよう、足元には十分注意を。

ベビーカーはシートベルト&ストッパーを

2014年4月、国土交通省が公共交通でのベビーカー使用についてルールを策定。ベビーカーを畳むと急ブレーキの際に転倒してしまうなど危険なため、子どもをベビーカーに乗せたまま乗車できるようになりました。ベビーカーの優先スペースには「ベビーカーマーク」が表示される予定です。

ベビーカーを安全に、互いに気持ちよく利用するために、次の点に注意しましょう。

  • 乗車中に子どもが転落しないよう、必ず付属のシートベルトの装着を。バス内では固定ベルトを。
  • 急ブレーキの際にベビーカーが飛んでいかないよう、ストッパーをかけて、手を離さない。
  • できるだけエレベーターを利用する。階段やエスカレーターを使う場合は、ベビーカーから子どもを下ろし、手をつなぐ。一人で厳しい場合は、周りの人に助けを求める。
  • 周囲の人にぶつからないよう、乗降の妨げにならないよう、配慮を。

乗車中はしっかり手をとるか座席に深く座らせて

乗車中は必ずそばに付き添い、立たせる場合は手や腕をとり、座らせる時は深く腰掛けさせて。また、頭や手足を窓から出さないよう教えましょう。

「子どもの事故・トラブル予防対策」の記事一覧

  1. 子どもの事故は必ず起こるもの!
  2. 屋内編:玄関
  3. 屋内編:階段
  4. 屋内編:リビング
  5. 屋内編:キッチン・食卓
  6. 屋内編:寝室
  7. 屋内編:窓・ベランダ
  8. 屋内編:お風呂
  9. 屋内編:トイレ・洗面所
  10. 野外編:玄関先・道路
  11. 野外編:車
  12. 野外編:公園
  13. 野外編:レジャー

分からないことを先輩ママに相談しよう

おしえて!ママニティ Q&A

おしえてママ二ティは、ママニティ内のQ&Aコミュニティ!
悩みを相談したら先輩ママ達が答えてくれるかも?

相談してみる

『おしえて!ママニティ』にアクセスします