出産育児一時金の貸付制度

読み方

しゅっさんいくじいちじきんのかしつけせいど

制度の説明

出産育児一時金42万円を担保に、無利子でお金を借りることができる制度。

たとえば、妊娠中のトラブルで治療・入院をして、予想外の支払いが生じたときや、出産前に分娩予約金(保証金)を納めなければならない場合などに利用できます。

貸付額は保険組合や国保(市区町村)によって異なりますが、出産育児一時金の8割まで借りられることが多いようです。「出産費の貸付制度」「出産費の融資制度」と呼ばれることも。

給付の条件

協会けんぽ(政府管掌健康保険)や船員保険にはこの制度があります。健康保険組合や国民健康保険には、制度がないところもあるようです。まずは、自分が加入している保険にこの制度があるかどうか、確認しましょう。

貸付の対象となるのは、出産予定日まで1ヵ月以内の人、または妊娠4ヵ月(85日)以上で病院に支払が必要になった人です。

手続きの方法ともらえる時期

健康保険組合の人は会社の総務などの窓口、国民健康保険の人は市区町村の窓口、協会けんぽや船員保険の人は会社の総務や最寄の社会保険協会で手続きします。手続きは、郵送で行える場合もあります。

必要なものは、健康保険証と母子健康手帳、預金通帳の口座番号などの控え、世帯主の印鑑。妊娠中の入院費用で利用する場合は、医療機関が発行した医療費の請求書も必要です。手続をすると、指定の口座に金額が振り込まれます。

ここに気をつけて

この制度を利用した場合、出産育児一時金の「直接支払制度」や「受取代理制度」は利用できません。産後、出産育児一時金42万円から、借りた額を差し引いた金額が口座に振り込まれます。

(2014年4月現在)

「妊娠・出産でもらえるお金と手続き方法」の記事一覧

  1. タイプ別もらえるお金の一覧表
  2. 出産育児一時金
  3. 医療費控除
  4. 出産手当金
  5. 育児休業給付金
  6. 失業給付金
  7. 児童手当
  8. 乳幼児医療費助成
  9. 出産育児一時金の医療機関受取代理制度
  10. 不妊治療費助成
  11. 妊娠高血圧症候群等の医療費助成
  12. 高額療養費
  13. 未熟児の養育医療
  14. こどもの入院費助成
  15. 私立幼稚園保育料助成
  16. (保育所)保育料助成
  17. チャイルドシート購入費助成

関連する記事

  1. ドライブ編

分からないことを先輩ママに相談しよう

おしえて!ママニティ Q&A

おしえてママ二ティは、ママニティ内のQ&Aコミュニティ!
悩みを相談したら先輩ママ達が答えてくれるかも?

相談してみる

『おしえて!ママニティ』にアクセスします