トラブル対処法:痔

妊娠中は便秘がちになって、固い便を出そうといきむため「切れ痔」になったり、肛門の静脈が子宮に圧迫されてうっ血し、こぶのようなものができる「いぼ痔」になることがあります。

切れ痔を予防するにはまず便秘を解消すること。いぼ痔の予防は、適度に体を動かしたり、お風呂に入って体を温めて血行を良くします。長時間の立ちっぱなしや、同じ姿勢でいるのも血流が悪くなるのでよくありません。

痔になってしまったら、排便の際にあまりいきまないようにしたり、唐辛子などの刺激物を避け、炎症を悪化させないようにしましょう。

妊娠による痔は一時的なもので、ほとんどの場合は産後に改善されますが、痛みがひどい場合は受診して、塗り薬や座薬、内服薬を処方してもらいましょう。

(2011年4月から掲載)