赤ちゃんがおこすアレルギー:アトピー性皮膚炎

症状

強いかゆみをともなう赤い湿疹が慢性的にあらわれます。早い子では生後2ヵ月くらいから数年間続き、年齢によって症状が変わっていくのが特徴です。

乳児期は、顔や頭、耳など首から上を中心にじゅくじゅくタイプの湿疹ができ、幼児期になると、ひざやひじの内側など皮膚のやわらかい所を中心にかさかさタイプの湿疹がみられるように。

かきむしって湿疹をひどくすると、もっとかゆみが強くなったり皮膚の保護機能が低下してさらに悪化したり、悪循環におちいりがち。

アレルゲン

卵や牛乳、大豆などの食べ物。ペットの毛、ダニ、ハウスダスト、科学物質など。2歳くらいまでに発症する場合は、食品がアレルゲンになることが多い。いろいろなアレルゲンが複合的に影響したり、成長とともにアレルゲンが変わっていったりすることも。

治療方法

炎症やかゆみをやわらげるステロイド系や非ステロイド系の塗り薬、肌に潤いを与えて乾燥を防ぐ保湿剤など、外用剤による治療が中心。最近では、アトピーの原因となる免疫システムに直接働きかける軟膏も使用されています。症状によっては抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの飲み薬が処方されることも。

また医師の指導による食事療法などアレルゲンとなっているものを取り除いたり、アレルゲンが発生しないお部屋づくり、赤ちゃんの皮膚を常に清潔に保つなど、ホームケアを組み合わせます。

お世話ポイント

ハウスダストやダニなど、アレルゲンとなる可能性があるものは、できるだけ赤ちゃんのまわりから遠ざけるような環境をつくりましょう。

入浴などで肌を清潔に保ったり、肌に刺激を与えないようにしたり、保湿などスキンケアにも気を配るようにしてあげて。離乳食や食事制限などは医師と相談しながら進めましょう。

処方された薬は、使用期間や使用量など医師の指示をきちんと守ることが大切です。ステロイド剤などの副作用を心配して、勝手にやめたり量を減らしたりすると返って悪化をまねくことも。

また、非ステロイド剤の塗り薬でも人によってはかぶれを起こすこともあります。いずれにしても薬の使い方はもちろん、その副作用についても事前に理解しておきましょう。

なにか変化があればその都度医師に相談して、赤ちゃんの症状に合った薬に変えてもらいましょう。慢性化することが多いアトピーは長期戦になることも覚悟して治療とケアを。

「赤ちゃんのアレルギー入門」の記事一覧

  1. アレルギーの基礎知識:アレルギーってなに?
  2. アレルギーの基礎知識:なぜアレルギーになるの?
  3. アレルギーの基礎知識:アレルギーを引きおこすもの(アレルゲン)
  4. アレルギーの基礎知識:アレルギー診断はどうするの?
  5. アレルギーの基礎知識:アレルギーマーチって?
  6. アレルギーの基礎知識:食物アレルギーについて
  7. アレルギーの基礎知識:ママの心がまえ
  8. 赤ちゃんがおこすアレルギー:小児ぜんそく
  9. 赤ちゃんがおこすアレルギー:アレルギー性鼻炎
  10. 赤ちゃんがおこすアレルギー:アレルギー性結膜炎
  11. 赤ちゃんがおこすアレルギー:じんましん
  12. アレルギー赤ちゃんのホームケア:お部屋づくり
  13. アレルギー赤ちゃんのホームケア:離乳食の進め方
  14. アレルギー赤ちゃんのホームケア:お風呂の入れ方
  15. アレルギー赤ちゃんのホームケア:衣類の選び方
  16. アレルギー赤ちゃんのホームケア:身だしなみ

分からないことを先輩ママに相談しよう

おしえて!ママニティ Q&A

おしえてママ二ティは、ママニティ内のQ&Aコミュニティ!
悩みを相談したら先輩ママ達が答えてくれるかも?

相談してみる

『おしえて!ママニティ』にアクセスします