Weekly Topic

バックナンバー
2008年12月22日
そろそろ準備!お正月グッズを手作り


12月も後半になり、そろそろお正月の準備も気になるころ・・・。 今年は、お年玉を入れるポチ袋をぜひ手作りで! おめでたい新年の食卓の演出に一役買う、箸袋の作り方もあわせてご紹介。

◆お年玉袋の作り方◆
【材料】折り紙1枚(15cm×15cm)、金色のヒモ30cmくらい(お菓子についていたものなどでOK)

@折り紙を、対角線で二つ折りにし、三角を作ります。

A折り方の図を参考に、三角の底辺の中心に向かって小さな三角を折ります。(一枚は少しずらし、裏の白いラインが見えるようにしましょう。)

B折った三角の部分を図のように、2枚一緒に左側に折り返し、さらに右に折り重ねます。

C両端を後ろ側へ折り込みます。

D裏面で、折り口をもう片方の折口の間に差し込みます。

一度、最後まで折り上げて形を作った後に、折り紙を広げて、中にお年玉を入れましょう。 お札なら3つ折りにするとジャストサイズ。

最後に金のヒモをかけて蝶々結びにして出来上がり。

◆箸袋の作り方◆
【材料】折り紙を半分に切ったもの(タテ15cm×ヨコ7.5cm)、金色のヒモ25cmくらい

@折り紙のヨコ7.5cmの辺を、4.5cmと3cmに分けて印をつけ、図のように 角を小さな三角形になるよう内側に折ります。

A印をつけた部分を境にして2つ折りにします。

B3cmの面からはみだしたところを後ろに折り込みます。

C下の部分を1cmほど折って袋状にし、金のヒモを結びます。



華やかな千代紙などを使うとよりお正月らしく!飾りになるヒモはなくてもいいけど、何度も結び直せる蝶々結びは、「おめでたいことを何度も繰り返す」という意味があるので、ぜひ新年の縁起かつぎに!

バックナンバー
Weekly TopicTOP
トップページへ
(C)POCKE,INC.